逆に短期的にダイエットを考えてみてはいかがでしょうか

逆に短期的にダイエットを考えてみてはいかがでしょうか?

ダイエットをしたいと考えても、それを実行し続けることは難しいものです。

 

何故なら、我慢し続けて結果を出すことにウンザリしてしまうからです。

 

人間は想像力に優れている生き物なので、ダイエットし続けて苦しむ姿を想像してしまうわけです。

 

スポンサーリンク

 

それであるならば、ある程度の崩れた体型でも自分の好きなように生きていった方が良いだろうと判断してしまうわけですね。
しかし、それでは当然のことながらダイエットは成功するわけがありません。そこで視点を変えて、長期的な視野で見るのではなく短期的な視野で見ていってはいかがでしょうか。

 

一般的には長期的視点に立ってダイエットをしていくものだと思いますので、ある意味では逆転的な発想だと思いますが。

 

まず大前提として、日々の食事制限と運動は絶対です。これをどちらか一方に偏らせすぎてしまうと、体調を崩してしまう可能性が一気に高まります。

 

食事制限をしつつ、日々の運動で脂肪燃焼と基礎代謝を増やしていってください。

 

もっとも、これも長期的な視点に立つのではなく、毎日毎日に目標を設定してクリアをしていけば良いのです。

 

人間の脂肪は、1sあたり約7,000キロカロリーであると言われています。つまり、この7,000キロカロリーをいかに消費していくかがカギなんですね。

 

人間の基礎代謝は、個人差こそありますが男性であれば約1,500キロカロリー、女性であれば約1,100キロカロリーになります。

 

スポンサーリンク

 

そしてこれに運動を加えれば、一日の消費量になっていきます。体重を1s落とすには、この基礎代謝量と運動量を下回る摂取量で行く必要があります。

 

つまり、1日で100キロカロリーを多く消費しても、1sの脂肪を落とすには70日間かかるということですね。そんなことを聞いて「よし!ダイエットを頑張ろう!」とは思えないでしょう。

 

そこで長期的な視点には立たず、あくまでも一日一日を「目標100キロカロリーを多く消費する」と設定することで、遠くにあるウンザリするような目的地を見ずに済みます。

 

このようにして、むしろ短期的に物事を考えて「いつの間にか」目的を達せられるようにしてみてはいかがでしょうか。