成功するダイエットの”レシピ”ブログ!!

田舎の果物とあなどるなかれ

 

スポンサーリンク

 

枇杷というと、おばあちゃんの家で食べさせてくれるやたら種の大きな果物というイメージでしかありませんでした。実は甘いものもありますが、中には甘みがない残念なものも。そんな枇杷ですが、種にも葉っぱにもすごい力があるらしいです。

 

風邪予防、血圧調整、整腸作用、痛み止め、殺菌作用、花粉症やアトピーなどのアレルギー、また、最近ではがんにも効果があるとネットショップでは枇杷の葉を粉末にしているものやエキスになったものを売っていました。数千年昔から中国やインドでは薬として重宝されてきたらしいです。日本では、田舎にただ植えて、食べたいときに取って食べる、という形で植えている人が多いので、農薬などの心配もなく、葉っぱを生かせそうです。

 

スポンサーリンク

 

こういう、民間療法で効果が高いとされるものは、反面中毒になる可能性もふくまれています。枇杷の葉はアミダグリンという成分がそれにあたりますが、きちんと使い方を調べて、未熟な葉ではなく、完熟したものを使い、摂取も決められた量を守れば心配することはないようです。今のようにネットで調べれば、昔からいいとされている物をうまく使ったり、手に入らなければ、注文をすることもできる便利な時代です。自然のもので健康で、薬に頼らない生活をしていきたいと思っています。