成功するダイエットの”レシピ”ブログ!!

死んだ乳酸菌と腸内環境

 

スポンサーリンク

 

今日は、腸内環境のお話をします。

 

よく「活きた乳酸菌が腸に届く」というコマーシャルをやっていますが、実は死んでてもいいという、衝撃のお話です。

 

ちょっと疑われているかもしれませんので、少し説明を加えます。

 

まず、生きた菌も、死んだ菌も、けっきょく構成要素は同じです。死んだ菌はバラバラになっているだけですね。そして、免疫スイッチをオンにして、お腹の調子を整える発動キーは、菌そのものではなく、その中身、成分でも良いので、実は結果が変わらないんだそうです。つまり、生きていても、死んでいても同じ。

 

スポンサーリンク

 

そうは言っても活きてた方が良いんじゃないの、とまだ疑っている方がいそうです。

 

では「毎日飲んでね」というのは、何を意味しているか分かるでしょうか。

 

これ、裏を返せば、菌が定着しないということなのです。たとえ活きて腸に届いたとしても、自分の腸内環境に合わないものは、どんどん排出されてしまって残りません。もし定着し、増殖するなら、1回飲めば済むはずですよね。つまり、合ってないのです。

 

 

 

ヨーグルト会社には怒られそうですが、事実としてお伝えしました。