成功するダイエットの”レシピ”ブログ!!

つらい下痢を治す、たった一つの習慣

 

スポンサーリンク

 

食後の下痢がつらい、朝食を食べると通勤するのさえ怖い、という方も多いでしょう。今日は、たったひとつの習慣で、下痢に悩む人の「半分くらい」が治る秘策をお伝えしたいと思います。「全員じゃなのかよ!」というツッコミも甘んじて受け入れます。

 

その秘策とは、よく噛んで食べること、です。たったこれだけのことで、つらい下痢が治ってしまいます──半分くらい。

 

とある老医師から聞いたのですが、下痢の原因は腸に負担がかかっているから、なんだそうです。

 

スポンサーリンク

 

そこで、口を動かしてよく噛む。そうすると、食べ物が粉々になるだけでなく、唾液に含まれる消化酵素が働いて、消化が良くなる。つまり腸の負担も減るというわけです。

 

目安としては、ご飯が甘くなるくらい。口に入れたら、「必ず」お箸を置いて、数十回ほどカミカミします。柔らかい食べ物の場合にはコツがあって、一緒に硬いものを口に入れると良いそうです。例えば、おしんこを一緒に入れて、ポリポリ感がなくなるまで噛んでから飲み込むようにします。

 

これで、あの下痢とさようならです。騙されたと思ってやってみてください。